感情的知性を鍛える訓練方法

目次

感情的知性を鍛える訓練方法

「○○さんには毎回細々と説明をしなくてはいけないので、それが他の社員の時間を取り仕事の進行を遅らせる」

 「○○さんはきちんとプランを立てて行動しないので、結果多くの間違いを犯して困っている」

 

これらは聞き覚えのある、おなじみの意見ですか?

「チームで協力して進行させる業務経験」に関する調査結果によると、上記の意見は頻繁に聞かれる不満のほんの一部にすぎません。

これらの不満は一部の社員が他の社員と協力をせずに、しばしば単独で働くことを好むことにより起こります。

 

しかし、効果的なチームの一員として働くことによって、個々のやる気や仕事のパフォーマンスを向上させることが示されています。

チームで協力し合いながら進める仕事は、より早くより多くのフィードバックを共有しあうことを可能にします。

チームの一員としてプロジェクトに取り組むことから、多くの事を学び、やる気も更に向上したという研究結果もでています。

オフィスへ出社する必要のない在宅ワークが増え続けている現在、継続的な学習とフィードバックの重要性はこれまで以上に高まっています。

 

社員の育成に携わる担当者は、感情的知性に関連する共感や協力のような社員の態度をこれまで以上に重視すべきです。

以下はチーム構築に役立つとてもシンプルな訓練方法です。

「東西南北」ゲームと名づけられています。

 

この訓練は、非営利の専門職開発サイトであるNational School Reform Facultyが教育者のために開発した手順に基づいており、学生や社会人に効果的です。

 

「東西南北」ゲームの準備

事前に「東」「西」「南」「北」の4つの標識を作成し、部屋の四方の壁にそれぞれ掲示します。

4つの「東西南北」それぞれには、新聞用紙サイズの用紙とマーカーを用意してください。

各「東西南北」に関連付けられた特性を以下のように書き出します。

 

  • 「東:推測する 」

行動を起こす前に物事の全体的な状況や成り行きに対する見方・判断・可能性を把握する仕事スタイル。 

  • 「西:詳細に注意を払う 」

誰が、何を、いつ、どこに、そしてなぜ行動するのかなど詳細に注意を払う仕事スタイル。

  •  「南:思いやり」

誰の気持ちも考慮する。行動する前に周りの意見に耳を傾ける仕事スタイル。

  •  「北:行動」

とりあえずやってみよう!行動したり、物事を試したり、積極的に参加する仕事スタイル。

 

訓練レベル度1(20分)

わずか20分間という短い時間ですが、手順に固執するようにしてください。

最後の2,3分はまとめをする時間に費やします。

 

まず、部屋の周りに掲示された4つの「東西南北」を参加者に読んでもらいます。

チームの一員として仕事を行う際、どの「東西南北」が一番自分に近い仕事スタイルかを各自に選択してもらいます。

参加者にはそれぞれ「東西南北」の前に立ってもらいます。訓練の間、その位置に留まってもらいます。

各自に他の参加者がどの「東西南北」の前に立っているか、それぞれ確認してもらいます。

 

ここまでのレッスンを通して、他の参加者(チームメイト)の行動に対して、「あ~それで!だから○○だったんだ!」などと理解を深めるきっかけになります。

 

 グループ内で役割を分担してもらいます。

役割は以下の3つです:

記録係:グループの応答を記録する

タイムキーパー係 :グループのメンバーがタスクを行う最中、時間管理をする

発表係:時間終了時にグループの代表として内容をシェアする

 

以下の5つの質問に答えるのに各グループへ5〜8分を与えます。 

  1. あなたの仕事スタイルの強みは何ですか? (3-4形容詞)
  2. あなたの仕事スタイルの限界は何ですか? (3-4形容詞)
  3. 一緒に作業するのが最も難しい他の仕事スタイル(「東西南北」)は?その理由はなんですか?
  4. 効果的に一緒に働くことができるように、他の仕事スタイルの人々はあなたのことを知る必要がありますか?
  5. あなたにとって最も価値あるものは何か、他のそれぞれの仕事スタイルごとに1つ述べてください。

 

全グループがそれぞれの回答を全グループと共有するための時間を提供します。

たとえば、以下のような意見が聞こえても驚かないでください:

 「西が詳細にこだわるので、北は西に対していらいらする。」

「北はプランを立てる前に行動をする傾向が有るので、西は北に対していらいらする。」

「南は、個人的なつながりを求めるので、チームメンバーの感情的なニーズが満たされていない場合、不快感を募らせます。」

「東は、西が細部にまで陥ったときに退屈する。」

「北は大きな決断事項に対して皆の同意を得る前に勝手に進めるため、西は挫折してしまう。」

 

最後に、すべての参加者が主要な教訓を共有するための時間を、訓練の終わりに少なくても2分を提供してください。

もし、次のいずれかが表示されない場合は、これらも最終確認事項の一部として加えてください。

 

この訓練を通して得た教訓は、

  • 自分自身や他人の優先傾向に対する意識を高める
  • 意識の向上は共感の門を開く
  • 優先傾向には、強みと限界がある
  • 優先傾向は多様な方が、チームワークと結果をより向上させる

 

訓練レベル度2(30分)-学び・理解を深める-

訓練に30分の時間が取れる場合は、訓練レベル度1の④と⑤の間に以下のステップ▲を追加して、それが個人的に関連するようにするかを検討してください。

 

▲チームの一員としてプロジェクトに携わったときの、非常に肯定的または非常に否定的な過去の個人的な経験を思い出すように依頼してください。

皆と共有することが快適と感じる思い出を選択することができます。

 

このレベル度2の訓練(ステップ▲)を反映させることによって、なぜこの過去の自分の経験が非常に否定的なのか、または非常に肯定的であったかを、熟考し理解するように仕向けてください。

このステップの目的は、この訓練を通して学び理解したことを適用するよう促すことです。

 

▲に続いてレベル度1の⑤~⑦のステップを全てフォローしてもらいます。

最後に、すべての参加者が主要な教訓を共有するための十分な時間を訓練の終わりに提供してください。

 

訓練レベル度3(45分)-強化する-

訓練に45分の時間が取れる場合は、訓練レベル度2の上記の「学び・理解を深める」の▲ステップに移行する前に、ウォームアップとして優先傾向に関する背景情報を含む以下の■ステップを追加してください。

 

■ウォームアップとして、目標を達成するために一緒に働くチームメンバーの印象を確認することから始めます。

それぞれのチーム「東西南北」について気づいたこと、つまり相互作用、顔の表情、進行状況などの特徴について話し合うように依頼します。

 

次に、優先傾向(何が自分にとって重要か)が何であるかを力説(熱く語ってもらう)してもらうため数分間を与えます。

自然な傾向や意向を共有してください。

 

注意点は、このステップを行っている最中、チームvsチームのように、異なる方位のチームに敵意をもったり否定的になる傾向の人もたまにいます。

このステップの目的は異なる「東西南北」を選択したチームメンバーを差別したり、決め付けたりして、ラベル付けする為ではないということを明確に伝えておきます。

自分の方位(チーム)を正当化することが目的でもありません。

また、良い悪いを判断するのが目的でもありません。

 

個人的なチームの経験を各自が共有する時間を確保してください。

東西南北、全てのグループが回答を共有し、この■ステップを通して、チームとして一緒に仕事をしたことのある他のグループの人たちとの過去の経験に反映できる、気づきや学びを共有します。

最後に、すべての参加者が得ることができた主要な教訓を共有するための時間を、■ステップの終わりに提供してください。

 引き続き教訓レベル度2(&1)へと訓練を続行してください。

各訓練レベルごとに、教訓を共有し、まとめる為の時間をきちんと取ることが重要です。

 まとめ

可能であれば、プロジェクトを開始する前にチームでこの訓練を活用してください。

チームメートの仕事スタイルを予め知ることは、この先の作業を行う上で、そしてプロジェクトの準備する上で、効果の有る素晴らしい方法です。

 

すでにプロジェクトを開始しているチームや、しばらくの間一緒に作業しているチームにとっても、中間プロセスの反映や進行の修正に役立つ訓練です。

 

既にプロジェクトを完了した場合でもこの訓練はまだ有用な目的を果たします。

チームメンバーは、対人関係のスキルを向上させたり、次回の検討事項に反映させることができます。